交通事故むち打ち症例

むち打ちと一言でいっても症状は様々です。主な症状をこちらでご紹介します。

マンガで読む!よくわかる交通事故治療|むち打ちは首の痛み以外にも・・・

様々な症状が現れる「むち打ち」

交通事故後、身体に現れる主な症状として、むち打ち症があげられます。 むち打ち症は正式には「外傷性頸部症候群」や「頸部捻挫」と呼ばれています。

「症候群」と呼ばれる理由には、むち打ち症の症状が必ずしもすべて同じではないということがあります。

むち打ち症は、交通事故の衝撃で頭部を激しく揺さぶられることにより、首や肩などの筋肉組織や脊髄や神経組織などに損傷を受けたりすることで発症します。
しかしその影響は、頭痛やめまい、吐き気にとどまらず、疼痛、運動制限やしびれ、麻痺などの症状が身体のさまざまな部分に現れるのです。
事故後すぐに症状が現れる場合もありますが、同じむち打ち症でもバレ・リュー症候群と呼ばれるむち打ち症の場合、症状がでるまでに1~2週間ほどかかる場合もあります。
さらに、頭痛やめまいなどを日常的に抱えている人は、その原因がむち打ちによる影響だとは気づかないこともありますし、たとえいつもと違う症状であることに気づいたとしても、外傷による一時的なものだと考え違いをしていると発見が遅れてしまう場合もあります。

交通事故による衝撃は、本人が思っている以上に大きい場合がほとんどです。
人から「大丈夫?」と聞かれると、本当は大丈夫じゃなくてもつい「大丈夫」と答えてしまいがちです。
しかし、違和感や痛みなどのつらい症状は、「大丈夫、そのうち治る」というものではありません。
さらに筋肉細胞や神経組織のみの損傷の場合、症状が起こっていてもレントゲンやMRIなどの検査では発見は難しいものです。 つまり、自分が感じている症状だけが、損傷の証なのです。

事故後、負傷した箇所以外で、身体の痛みや違和感、疼痛などがあれば、そのままにせずに必ず医師に報告しましょう。
また、最初は軽い痛みだったものが、後にひどくなる場合もあります。 気づいたらすぐに診断書を書いてもらいましょう。

目に見えない部分のケガ、主な症状

  • むち打ち症
  • 腕のしびれ
  • 首、肩、背中、腰、足のしびれ、重量感など

むち打ち症の症状、種類については以下を参考にしてみてください

頸椎捻挫型

首の筋肉、靭帯などに損傷を受けることで、首だけでなく肩や背中にも痛みを感じる場合があります。 首周辺の靭帯や筋肉の損傷により、横を向けない・首が回せないなど運動制限が起こる場合があります。
神経根症状型 頸椎から出る神経が外部からの衝撃により圧迫されることにより、腕や手にしびれやだるさ、痛みなどを感じます。 また、筋力の低下が起こる場合があります。

バレ・リュー症候群型

外部からの衝撃で頸部の交感神経を圧迫されたことにより、交感神経の司っている動脈の拡張と縮小がうまくいかなくなり血行障害が起こります。
また交感神経は身体のさまざまな場所を司っており、身体のあちらこちらでさまざまな症状が起こります。

脊髄症型

外部の衝撃により、脊椎や椎間板が損傷や変形した場合、脊髄を圧迫することがあります。脊髄が圧迫されると身体にさまざまな症状が起こります。
また、脊髄を損傷している場合は、重傷につながる恐れがありますので、必ず病院やクリニックなどで精密検査を受けていただくことをお勧めします。

その他の症状

、迷わずに診断を受けましょう

胸や背、肩、肘など、上半身部分を強打した場合 胸や背を強打することにより、血管や神経を圧迫されたり引っ張られたりする場合があります。 その場合の症状としてあげられるのは、腕や手の痛みやしびれ、冷えの他に血行障害や頭痛、肩こり、吐き気などがあります。
また、肩や肘を強打した場合には、脱臼や関節炎などを起こす可能性があります。 その場合の症状は、腫れや痛みです。 腰や股関節、ひざなどの下半身部分を強打した場合 腰を強打することにより、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアでの神経痛を起こす場合があります。
股関節や足関節を強打すると、それぞれの関節の脱臼によって痛みや腫れを起こす場合があります。 また関節炎により、股関節やひざの痛みを引き起こす原因となる場合もあります。
さらに、ひざ半月板を損傷すると、腫れや痛みによりひざの曲げ伸ばしができなくなる可能性もあります。

お問合せ・ご予約はこちら

昭島市・武蔵村山市交通事故治療

TOPへ戻る