交通事故豆知識

むち打ちと一言でいっても症状は様々です。主な症状をこちらでご紹介します。

マンガで読む!よくわかる交通事故治療|同乗者にも保険が適用されます

同乗者にも保険が適用されます

同乗者の場合は、加害者側・被害者側、どちらに乗っていても自賠責保険の適用を受けることができます。
たとえ運転者でなかったとしても、治療費は保険でカバーされるケースがほとんどです。ご安心ください。

様々な症状が現れる「むち打ち」

必ず警察へ連絡しましょう

交通事故によるケガなどの治療では、自賠責保険の適用を受けられる場合があります。 その際、警察で発行される「交通事故証明書」が必要となります。
警察に連絡をせずその場で示談にしてしまうと、後日、自賠責保険の適用が受けられなくなりますので、必ず警察へ連絡しましょう。 また警察が来たら、必ず人身事故扱いにしてもらうこともお忘れなく。

相手が誰なのかを確認しましょう

負傷した度合いによっては難しいこともありますが、可能かなかぎり確認しておきたいのが、相手の身元です。
まずは免許証などの身分証で住所・氏名・連絡先などをお互いに確認します。
相手が業務中の車両だった場合には、会社名や所在地なども確認しておきましょう。
名刺があればいただいておいてください。 ただし、身分証を確認したうえで名刺を受け取るようにしましょう。 名刺だけで身分の確認を済ませてはいけません。
さらに相手が車の場合には、ナンバーを控えておきます。 車検証で車の所有者と運転者が同一人物かを確認し、違った場合には車の所有者をメモしておきます。
また、自動車保険の会社の確認も必要です。 可能であれば、それらの書類をコピーさせてもらいましょう。

現場の保全をしましょう

事故の状況によっては、車を移動させ、他の車や歩行者などの安全を確保する必要があります。 余裕があるようであれば、携帯電話のカメラなどで現場を撮影してから移動させるのが一番良いのですが、安全が第一ですので無理をする必要はありません。
また、事故を目撃した人の中で証人になってくれる人がいれば、お願いしておきましょう。
車であれば破損箇所、自分のケガの状況、違法駐車がないかどうかなどの現場の状況をメモで記録して残しておきます。
後日確認する場合でも、現場の景観が変わってしまう前に、早めに記録しておくようにしましょう。

診断を受けましょう

その場で身体に異常を感じていなくても、なからず医療機関で診断を受けましょう。
その際には、診断書と領収書を発行してもらうことを忘れないようにしてください。
また、一度異常なしと判断された場合でも、後日後遺症が起こり医療機関を受診する際には、必ず医師に診断書を書いてもらうようにしましょう。
事故後、警察からの交通事故証明が物損事故扱いになっていたとしても、診断書を提出することにより人身事故への切り替えが可能です。
また、診察代については保険金が入るまでの間、実費負担となります。加害者側と被害者側で、その治療費をどちらが負担するのか、相談しておきましょう。
診察を受ける際には、骨折などの大きなケガだけではなく、しびれや違和感といった細かい症状もきちんと伝えるようにしてください。

保険会社に連絡しましょう

自賠責保険については、加害者側が保険会社へ連絡するのが一般的です。 ご自身の入っている任意保険で損害補償がある場合には、保険会社へ連絡しましょう。
また自賠責保険は、加害者が連絡を行わなかった場合でも、被害者が直接保険会社と交渉することができます。 加害者側から連絡が来ない場合には、ご自身で相手の保険会社へ連絡を取りましょう。

自賠責保険が適用されるもの

  • 治療関係費(診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料など最大120万円まで)
  • 休業損害(1日5700円、最大1万9000円まで)
  • 慰謝料(1日4200円)

お問合せ・ご予約はこちら

昭島市・武蔵村山市交通事故治療

TOPへ戻る